3.7.3.10. renom.utility.evaluation.relative_error package

class RelativeError ( x , y , axis=0 , mean=True , abs=True , rnd=True , rnd_n=5 )

入力の相対誤差を計算し、返却する。

xとyは同一次元数のみ受け取る。また、どの次元も主軸に選択出来るが、第0次元と第1次元が逆であることに注意。(0,1,2,3...ではなく、1,0,2,3...で主軸の指定が可能。)

パラメータ:
  • x ( ndarray ) – numpy array (測定値)
  • y ( ndarray ) – numpy array (理想値)
  • axis ( int ) – 指定軸を主軸として、計算。
  • abs ( bool ) – Falseの場合、負の値は正の値に変換されない。(測定値 - 理想値)
  • mean ( bool ) – 計算結果の平均を出力する
  • rnd ( bool ) – Falseの場合、端数処理は実行されない。
  • rnd_n ( int ) – 端数処理の桁数を指定する。
Example:
>>> from renom.utility.evaluation import RelativeError, relative_error
>>> x = np.array([[3, 1], [1, 2]])  # measured value
>>> y = np.array([[1, 1], [2, 1]])  # ideal value
>>> cls = RelativeError(x, y)
>>> cls.evaluate()
0.875
evaluate ( )
Return ndarray-1d output:

主軸に対する相対誤差を返却する。

relative_error ( x , y , axis=0 , abs=True , mean=True , rnd=True , rnd_n=5 )

入力の相対誤差を計算し、返却する。

パラメータ:
  • x ( ndarray ) – numpy array (測定値)
  • y ( ndarray ) – numpy array (理想値)
  • axis ( int ) – 指定軸を主軸として、計算。
  • abs ( bool ) – Falseの場合、負の値は正の値に変換されない。(測定値 - 理想値)
  • mean ( bool ) – 計算結果の平均を出力する
  • rnd ( bool ) – Falseの場合、端数処理は実行されない。
  • rnd_n ( int ) – 端数処理の桁数を指定する。
Return ndarray(0~1d) output:

主軸に対する相対誤差を返却する。

Example:
>>> from renom.utility.evaluation import RelativeError, relative_error
>>> x = np.array([[3, 1], [1, 2]])  # measured value
>>> y = np.array([[1, 1], [2, 1]])  # ideal value
>>> val = relative_error(x, y)
>>> val
0.875
>>> x = np.array([[3,4,5], [1,3,5], [9,3,1]])
>>> y = np.array([[2,2,2], [2,2,2], [2,2,2]])
>>> val = relative_error(x, y)
>>> val
1.1111111111111