License

ReNom サブスクリプション契約 Ver.1.1

本契約は、お客様(個人、法人その他の団体いずれであるかを問いません。以下「お客様」といいます。)と、株式会社グリッド(以下「当社」といいます。)との間で締結されるものです。本契約は、下記のサービスの使用、サービスの使用料等に関する取り決め、および、契約期間、解除、保証、責任制限、監査、その他で構成されます。

本契約は、お客様がサブスクリプションをご利用された日、またはお客様のサブスクリプションが更新された日をもって発効され、お客様はサブスクリプションの内容・条件に同意したものとみなされます。なお、サブスクリプションに含まれるソフトウェアを以下「本ソフトウェア」といい、本ソフトウェアの使用許諾及びこれに関連してお客様に提供する当社のサービスを「本サービス」といいます。

なお、本契約の内容は、お客様への事前の予告なく変更される場合があります。最新の本契約の内容については、お客様自身の責任と負担において最新規約(www.renom.jp)よりご確認ください。

1. サービスの使用

1.1 使用の権利

本契約に規定するとおり、当社はお客様に対し、本ソフトウェアをインストールして非独占的に使用する権利を付与します。 なお、当社は、お客様に対し、本ソフトウェア自体を販売するものではなく、知的財産権その他の権利はすべて当社が留保します。

1.2 許可される使用

お客様は、本契約に従ってのみ本サービスを使用することができます。

1.3 お客様アカウントに関する責任

お客様は、本サービスのサポート提供のために、当社または当社が指定する販売会社より発行されるお客様のアカウント情報を秘密に保つ責任を負うものとします。

お客様は、当社の事前の承諾を得た場合に限り、本契約の条件に従って、自らの責任で第三者に本サービスを使用させることができますが、この場合も、本契約で定める同様の責任を負うものとし、第三者に本契約の条件を遵守させるものとします。

お客様のアカウント情報が悪用された可能性がある場合、お客様は直ちにその旨を通知しなければなりません。

1.4 データ使用に関する承諾

お客様は、当社及び当社が指定する販売会社が、本サービスに関してお客様のご利用状況を適切に管理するために、お客様の本ソフトウェアの利用状況に関する情報、バージョンに関する情報等を収集、保持、使用する場合があることに同意します。当該情報は、当社及び当社が指定する販売会社が、本サービスの管理、サービスの向上、アップデート、及びお客様への本サービスのサポート提供のためにのみ使用できるものとします。

1.5 顧客データ

お客様が保有し、本サービスで使用するすべてのデータ・情報等(以下「顧客データ」といいます。)の管理及び内容に関する責任は、すべてお客様自身が単独で負うものとします。 お客様は、顧客データに関するすべての権利を確保し、維持するものとします。

1.6 使用する追加ソフトウェア

本サービスを使用するために、一定の外部ソフトウェアをインストールしなければならない場合、または、お客様が、必要なソフトウェアを追加でインストールする場合があります。これらのソフトウェアはお客様にライセンスされるものであり、販売されるものではなく、権利がお客様に譲渡されるものではありません。これらのソフトウェアに関するライセンス内容は、お客様自身で内容を確認し、必要な手続きを経てお客様が自らの責任と負担においてご利用ください。

1.7 プレリリース β版の提供

当社は本ソフトウェアのβ版を提供することがあります。β版は、「当社に対し瑕疵を問わない条件」で提供されるものとし、本契約に規定するいかなる限定的保証の対象にもなりません。なお、β版は本サービスに基づくサポートの対象とならならず、当社は、予告なくβ版の内容およびプレビューを随時変更または中止することがあります。

1.8 商用目的でない場合の提供

当社は、本ソフトウェアを、お客様が個人目的で利用、学術目的で利用、または製品評価を目的として利用(以下、「商用目的でない利用」)する場合について、お客様に無償で提供しています。商用目的でない利用は、「当社に対し一切の責任及び瑕疵を問わない条件」で提供されるものとし、本契約に規定するいかなる限定的保証の対象にもなりません。なお、商用目的でない利用は本サービスに基づくサポートの対象とならず、当社は、予告なく商用目的でない利用の内容を随時変更または中止することがあります。

1.9 禁止事項

お客様は、本サービスまたはその一部を複製(本サービス開始時にお客様が本ソフトウェアをインストールする場合を除く)、翻案、送信(公衆送信および送信可能化を含む。)し、または第三者に対して再利用許諾、レンタル、リース、貸与、再販売、再頒布、移転、もしくはホスティングを行うことはできません。

お客様は、本ソフトウェアのリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、または技術的な制限の回避を行ってはなりません。

本ソフトウェアについて商用目的でない利用をするお客様は、当社の事前の同意を得ずに、本ソフトウェアを商用目的に転用することを禁じます。

2. サービスの使用料等に関する取り決め

2.1 利用可能なサブスクリプションプラン

本サービスでは、利用可能なサブスクリプションの詳細(価格および使用場所、期限、その他関連する条件。以下「サブスクリプションプラン」といいます)を事前にお客様に提供し、当社または当社が指定する販売会社に発注することで利用することができます。なお、本サービスの利用は、発注時に契約で定めた利用期間(以下「サブスクリプション期間」といいます。)に限定され、その使用料は当該期間以外には発生せず、サブスクリプション期間中に本サービスを使用しなかった場合でも、当社がお客様から受領した使用料金は返金せず、お客様の本サービスの使用権限はサブスクリプション期間の満了により失効します。

なお、本サービスの失効により、お客様が本サービスを利用して開発・作成した成果物・結果等が利用できなくなることがありますが、お客様が自らの責任と負担において、本サービスの失効前に、当該成果物・結果等を維持するために必要な保存、移管、他のサービスの利用等の処理を行うものとします。

2.2 課金プラン

お客様は、事前に約定したサブスクリプション期間中の使用に関し、定額で本サービスの提供を受け、本サービスを使用することができます。なお、使用料の支払方法は契約時に取り決めた方法で行います。

2.3 発注

サブスクリプションの利用、または更新を行うことにより、お客様はサブスクリプションの内容・条件に同意したものとみなされます。これらのサブスクリプションプランに別途規定されている場合を除き、本サービスは、当社及び当社が指定する販売会社に発注を行うことで、本契約に定める方法で、お客様に提供されるものとします。

2.4 価格および支払

本サービスの使用料の支払は、お客様のサブスクリプションプランに従い、お客様が当社または当社が指定する販売会社に発注したサービスの内容に基づきます。本サービスの価格は、随時予告なく変更されることがあり、その変更はお客様の次回のサブスクリプションの更新時より適用されます。この場合、価格の変更がお客様の課金内容に変更時から遡って適用されることはなく、精算の対象とはなりませんのでご注意ください。

2.5 更新

本契約は、お客様から格別の意思表示がない限り、契約時に当社または当社が指定する販売会社との間で定めたサブスクリプション期間の満了時をもって、その時点における本契約と同一の内容で自動的に更新されます。

本契約の内容は、お客様への事前の予告なく変更される場合がありますので、契約の更新前に、最新の本契約の内容については、お客様自身の責任と負担において最新規約(www.renom.jp)よりご確認ください。

お客様は、更新条件に同意しない場合、サブスクリプションの更新を拒否することができ、お客様は、サブスクリプション期間の終了時に解約することができます。お客様がサブスクリプションの形態、期間、数量その他契約内容の変更を希望する場合は、更新時に新たにサブスクリプションプランを定めるものとします。

サブスクリプションの更新又は更新条件に同意しない場合には、期間満了の1ヶ月前までに、当社または当社が指定する販売会社までご連絡ください。

また、当社は、以下の場合には、お客様からのサブスクリプションの更新を拒絶することができます。

(1) お客様が、本サービスを利用して、当社または第三者の権利を侵害していることが判明した場合
(2) お客様が本契約に基づいて当社に支払うべき料金その他の費用を支払わない場合
(3) お客様が、本サービスを不正の目的で利用していることが判明した場合
(4) お客様が、暴力団員その他の反社会的勢力(以下「反社会的勢力」といいます。)に該当する場合、または本サービスを反社会的勢力の活動を助長し、もしくは反社会的勢力に対し利益を供与する目的で利用していることが判明した場合
(5) お客様が本契約の他の条項に違反している場合
(6) お客様が、本サービスに関連して、当社または第三者に対し、不当な要求を行った場合その他当社との信頼関係を破壊するような行為があった場合
2.6 証明

1)本契約、2)お客様から当社又は当社が指定する販売会社への発注依頼にかかる電磁的記録・データ等(代理店を経由する場合、代理店で作成した発注書、発注にかかる電磁的記録・データを含みます。)、3)支払の証明、をもって、お客様の本サービスの利用の証明とします。

2.7 租税

表示価格には消費税は含まれていません。本契約に基づいて課されるもので、適用される法令により当社がお客様から徴収することが認められている税金については、お客様にご負担頂きます。

3. 契約期間、解除

3.1 契約期間

本契約の有効期間は、お客様と当社または当社が指定する販売会社との間で契約時に定めたサブスクリプション期間とします。但し、2.5「更新」により本契約が更新された場合には、更新により新たに定められた期間まで延長され、同条項により本契約の更新が拒絶された場合、3.2「サブスクリプションの解約」によりお客様が本契約を解約した場合、または3.3「サブスクリプションの解除」により当社がお客様のアカウントを解除した場合には、更新拒絶、解約または解除時に本契約は終了するものとします。

3.2 サブスクリプションの解約

お客様は、サブスクリプションを解約することができます。ただし、解約時にお客様が支払義務を負う使用料、その他の金員は支払わなければならず、お客様がサブスクリプション期間の途中で解約した場合でも、契約時に定めた期間満了日までの使用料相当額は返金しません。

3.3 サブスクリプションの解除

以下の場合には、当社は、お客様アカウントを解除することができます。

(1) 顧客データへの不正アクセスを防止するために合理的に必要とされる場合
(2) お客様が、当社または第三者の権利を侵害していることが判明した場合
(3) お客様が本契約に基づいて当社に支払うべき料金その他の費用を支払わない場合
(4) お客様が、本サービスを不正な目的で利用していることが判明した場合
(5) お客様が、暴力団員その他の反社会的勢力(以下「反社会的勢力」といいます。)に該当する場合、または本サービスを反社会的勢力の活動を助長し、もしくは反社会的勢力に対し利益を供与する目的で利用していることが判明した場合
(6) お客様がサブスクリプションプランの内容、本契約の他の条項に違反している場合
(7) お客様が、本サービスに関連して、当社または第三者に対し、不当な要求を行った場合

その他当社との信頼関係を破壊するような行為があった場合 当社が、お客様アカウントを解除する場合、上記 (5) の場合及び解除を予告なく直ちに実施する必要があると当社が合理的に考える場合を除き、当社は30日前までにお客様に通知し、お客様が解除の理由に対処しない場合、当社はお客様のサブスクリプションを解除し、保持期間を設けずにお客様に提供する本サービスを停止することができます。

サブスクリプションの解除を実施したことによって、お客様に損害が生じたとしても、当社は一切責任を負いません。

サブスクリプションの解約時にお客様が支払義務を負う使用料、その他の金員は支払わなければならず、当社がサブスクリプション期間の途中で解除した場合でも、契約時に定めた期間満了日までの使用料相当額は返金しません。

4. 保証

4.1 ソフトウェア

当社は、本ソフトウェアがリファレンス(www.renom.jp)の記載に実質的に従って動作することを保証します。

本ソフトウェアがこの保証を満たすことができない場合、当社は自らの選択により、(1) 本ソフトウェアについて支払われた代金を返金するか、(2) 本ソフトウェアを修正または交換します。お客様は、当社に対し、これ以外の請求を行うことはできません。瑕疵担保、またはその他の製品に対する責任の期間は1年間とします。(本項に規定した限定的保証を以下「本保証」といいます。) その他当社が合理的に支配できない事由から生じた問題には適用されません。また、本保証はβ版及びプレビュー版、商用利用目的でない提供には適用されません。

4.2 免責

当社は、本サービスを使用し、お客様自身が開発したシステムが行う、解析結果、予測結果、制御結果、識別エラー等、システムが出力した結果が原因で生じた問題に対しては一切の責任を負いません。お客様が本サービスを利用して生じた成果物、結果等の不良、瑕疵、欠陥もしくは誤作動または不可抗力(7.6「不可抗力」に例示したものを含みますが、この限りではありません。)、逸失損益及び、費用節減の期待の不達成、お客様のデータ、プログラムその他無体財産に対する損害、設備機器などの有形財産に対する損害など、当社は、本保証以外には一切の保証を行わず、その他本サービスの品質または権利の瑕疵等の問題について、本条に定める以上の責任を負いません。

当社は、本契約の締結時に当社の知る限り、本サービスが第三者の権利を侵害していないことを保証します。但し、本契約締結以降に、第三者から権利侵害の通知等を受けないことまで保証するものではありません。なお、このために本サービスの一部機能の停止が必要になった場合には、当社は、お客様に対し、速やかにHP(www.renom.jp)で告知するとともに、侵害を回避するために本サービスの機能を変更するか、停止するなど対処するものとします。

5. 責任制限

5.1 制限

お客様の当社に対する本サービスの使用または使用不能に基づくあらゆる請求についての当社の責任範囲は、当該請求の原因となった事象が発生した日から遡って1年間に本契約に基づきお客様が当社に支払った額を上限とする直接損害に限定されます。ただし、いかなる場合であっても、本サービスに関する当事者の責任総額は、サブスクリプション期間中に本サービスについてお客様が当社に支払った金額を超えないものとします。

5.2 除外

当社は、本サービスの利用またはこれに関連してお客様に生じた逸失収益または間接損害、特別損害、付随的損害、派生的損害、懲罰的損害、逸失利益による損害、事業の中断による損害、もしくは事業情報の喪失による損害について、予見可能性の有無にかかわらず一切責任を負いません。

5.3 輸出管理制限

当社は、お客様が本ソフトウェアをお客様が居住する以外の国、又は地域に居住する第三者に送信その他提供等する場合において、7.5(輸出管理規定等の遵守)の承諾および当該条項に規定する必要な許認可・承認を取得しなかったこと、輸出禁止先に対し本ソフトウェアを提供したこと及び禁止目的を最終目的として使用することに対し、如何なる責任も負わないものとします。

6. 監査

6.1 実施

当社及び当社が指定する販売会社は、30日前までにお客様に書面で通知することにより、お客様による本ソフトウェアの使用状況について、監査を行うことができます。お客様は監査に協力し、合理的な範囲内で助力及び情報を提供することに同意します。当該監査は、お客様の通常の事業活動を不当に妨げないものとします。

6.2 支払い

お客様に許諾された使用権の範囲を超える本ソフトウェアの使用に対して適用される対価について、お客様は当社または当社が指定する販売会社の書面による通知から30日以内に支払うことに同意します。お客様がこれを支払わない場合、当社及び当社が指定する販売会社は3.3.(6)によりお客様のサブスクリプションを解約及び本サービス(本保証、サポートを含みます)を終了し、本契約を終了することができるものとします。当該監査に基づきサブスクリプションの解約を実施したことによってお客様に損害が生じたとしても、当社及び当社が指定する販売会社は一切責任を負いません。

6.3 監査に関する費用

監査に協力することによってお客様に生じたあらゆる費用については全額お客様の負担とし、当社及び当社が指定する販売会社は一切責任を負わないことに同意します。

7. その他

7.1 通知

お客様は、本契約に基づいてまたは関連して、当社に対し通知を行う場合には、当社のホームページで指定する先に通知を行う必要があります。なお、当社は、お客様への事前の予告なく通知先を変更することがあります。

また、当社が、本契約に基づいてまたは関連してお客様に対して通知を行う場合の通知先を、お客様は当社に対し正確に連絡しなければなりません。通知先が変更した場合にも同様とします。なお、お客様が、その通知先を正確に連絡しなかったため、または変更したにもかかわらず連絡しなかったために、当社からの通知がお客様に届かなかった場合には、本来到達するべき時期に当該通知が到達したものとみなします。

7.2 地位譲渡

お客様は、第三者に対し、当社の事前の同意を得ずに、ライセンスの全部または一部その他本契約に基づき生じる権利、義務及び地位を譲渡することはできません。

7.3 完全合意

本契約は、本契約に定める事項に関する完全合意であり、従前のまたは同時に行われたあらゆる意思表示に優先します。

7.4 規定の存続

1.4(データ使用に関する承諾)、1.9(禁止事項)、4.2(免責)、5.1(制限)、5.2(除外)、5.3(輸出管理制限)及び7.2(地位譲渡)、7.5(輸出管理規定等の遵守)、7.8(合意管轄)の規定は、本契約の終了後(終了の原因を問わない。)も有効に存続します。

7.5 輸出管理規定等の遵守

お客様は、本契約に基づいて当社が承認し、本ソフトウェアをお客様が居住する以外の国又は地域に居住する第三者に送信その他提供等する場合には、日本国の「外国為替及び外国貿易法」、米国輸出管理規定およびその他の国の貿易関連法規を遵守するとともに、当該法規に基づいて必要な許認可・承認にかかる手続を履行するものとします。お客様は、現在の日本国、米国その他の国(以下「日本国等」といいます。)の輸出除外リストに掲載されている企業、および日本国等の輸出管理規定で指定された輸出禁止国及びテロリスト国、並びに輸出禁止の対象となっている企業及び個人(以下「輸出禁止先」といいます)に対し、本製品を輸出、再輸出その他の提供行為をしないものとします。お客様は、本ソフトウェアを、禁止されている核兵器、ミサイル、または生物化学兵器その他の武器の開発、製造、利用(以下「禁止目的」といいます)を最終目的として使用しないものとします。

7.6 不可抗力

いずれの当事者も、各当事者の合理的支配を越えた原因による債務の不履行については、一切責任を負わないものとします。この場合、不可抗力とは、火災、爆発、停電、地震、洪水、噴火、落雷、暴風雨、天災地変、内乱、戦争、暴動、クーデター、テロリズム(サイバー テロリズムを含みます。)、ストライキ、ロックアウト、通信障害、原因不明のサーバー・コンピュータの誤作動・停止、禁輸措置、法令等の改正、政府機関による規制等を意味しますが、この限りではありません。

7.7 契約締結の権限

お客様が法人に代わって本契約の条件に同意する個人である場合、お客様は、当該法人に代わって本契約を締結する法的権限を有していることを表明するものとします。

7.8 合意管轄

本契約の準拠法は日本の法律を準拠法とし、管轄裁判所を東京地方裁判所とします。