Introduction to ReNom DP

ReNom DPは前処理のための可視化ツールとなっています。

機械学習や深層学習においてはデータの構造の理解やデータの特徴を理解することは非常に重要となっています。ReNom DPはデータ分析における方針や方向性を決定するためにヒントとなる情報を提供すべく、開発されました。ReNom DPは今後、データの解釈に必要なモジュールが追加されていく予定ですが、現段階では基礎統計量を見るために必要なモジュールが用意されています。

Data Structure

データは基礎統計量として平均値や最大値、最小値などを持っていますが、これらの情報やデータのばらつきを視覚的にGUIを用いて把握することはデータ処理の前段階において非常に重要になります。異常値が前処理の段階で分かったり、事前に分布を把握することでFeature Selectionの参考にすることもできます。

Data Visualization

基本的にはデータの基礎統計量を見るための前処理ツールの提供となっていますが、データの理解のためには可視化や可視化アルゴリズムの解釈が必要になり、その解釈を元にデータの構造を把握することが重要と考えています。将来的には可視化のモジュールや解釈の助けとなるツールを提供していくことを考えています。