1.1) 特徴

シームレスな運用

ReNom IMGに、画像のラベル付け機能(ReNom TAGの機能)が統合され、 「データの作成」〜「モデルを用いた予測」までの一連の作業を 一つの製品で完結することができるようになりました。

従来の製品では、画像データからモデルを学習させる場合、 ReNom TAGを使って、ラベル付けした画像データを作成し、 それらをReNom IMGに移動して学習させる必要がありました。

本製品では、これらの作業を一つの製品で行うことができるため、 一連の作業を円滑に素早く進めることが可能です。

../_images/11_1_operation_image.png

図1 ReNom IMG の運用イメージ

直感的な操作

ユーザーの視点にたち、その状況で必要な機能を提供できるように、 デザインや操作性を一から見直し、 直感的な操作で効率的に作業を進めることができるようになりました。

また、各操作画面上の「?」マークから、操作方法などの情報を見れるので、 操作がわからない時でも、画面を移動することなく、すぐに作業に戻れます。

../_images/11_2_info_displayed.png

図2 直感的な操作画面