2. ディレクトリ構造

2.1. ディレクトリ構造

ReNomTAGを起動する前に、画像ファイルを設置するディレクトリ構造について説明します。

ここからは、 working_directory という名前のディレクトリで作業を行っていることを想定します。その場合、以下に示すようなディレクトリ構造が定義されている必要があります。

特に、 public dataset label ディレクトリについては名前を変更しないでください。

それぞれのディレクトリは以下の様な役割を担います。

  • public
    データセットのルートとなるディレクトリです。 ディレクトリ名は public となっている必要があります。
  • user1, user2...
    これらのディレクトリは、タグ付け対象の画像データと作成されたタグデータが含まれます。こちらのディレクトリ名は変更可能です。
  • dataset
    このディレクトリには、タグ付け対象の画像データを設置してください。ディレクトリ名は、 dataset となっている必要があります。
  • label
    作成したタグデータはこのディレクトリに保存されます。ディレクトリ名は、 label となっている必要があります。
  • detection
    物体検出教師データ(.xml)はこのディレクトリに保存されます。ReNomIMG用のデータセットを作成する場合、このディレクトリにあるxmlファイル及びそれに該当する画像データをReNomIMGデータフォルダーにコピーしてください。
  • segmentation
    セグメンテーション教師データ(.png)はこのディレクトリに保存されます。ReNomIMG用のデータセットを作成する場合、このディレクトリにあるpngファイル及びそれに該当する画像データをReNomIMGデータフォルダーにコピーしてください。
  • classification
    画像分類教師データはテキストファイル(target.txt)としてこのディレクトリに保存されます。ReNomTAGで作成した画像分類ラベルデータをReNomIMGで使用するには、このテキストファイル及び元の画像データをReNomIMGの作業ディレクトリにコピーしてください。
working_directory # Current Working directory
    │
    └── public # This name must be `public`.
        │
        ├── user1 # Dataset for user1. You can use any name for this directory.
        │   ├── dataset # Directory in which image data is placed. This name must be `dataset`.
        │   │   ├── image1.jpg
        │   │   ├── image2.jpg
        │   │   ├── ...
        │   │   └── imageN.jpg
        |   |
        │   └── label # Directory to which tag data will be output. This name must be `label`.
        |       ├── detection # Directory to which detection tag data will be output. The folder name must be set to `detection`.
        |       |   ├── image1.xml # To use detection data in ReNomIMG, please use the xml files here as label files for the corresponding image files.|   ├── ...
        |       |   └── imageN.xml
        |       |
        |       ├── segmentation # Directory to which segmentation tag data will be output. The folder name must be set to `segmentation`.
        |       |   ├── png # Automatically created by ReNomTAG.
        |       |   |   ├── class_map.txt # Mapping between class id and class name.|   |   ├── image1.png # To use segmentation data in ReNomIMG, please use the png files here as label files for the corresponding image files.|   |   ├── ...
        │       |   |   └── imageN.png
        |       |   |
        |       |   └── xml # Automatically created by ReNomTAG
        |       |       ├── image1.xml
        |       |       ├── ...
        |       |       └── imageN.xml
        |       |
        |       └── classification # Directory to which classification label data will output. The folder name must be set to `classification`.
        |           ├── target.txt # To use classification data in ReNomIMG, please use this file as the label file for the corresponding image files.
        |           └── xml # Automatically created by ReNomTAG. Not necessary for using classification data in ReNomIMG.
        │               ├── image1.xml
        │               ├── ...
        │               └── imageN.xml
        │
        ├── user2 # Dataset for user2
        │   │
       ...   ...
        │
        └── userN
            ├── dataset
            │   ├── image_car1.jpg
            │   └── image_car2.jpg
            └── label
                ├── ...

2.2. 画像データの設置

画像データは dataset ディレクトリに設置してください。

また、画像データのファイル名には半角英数及びアンダーバーのみが使えます。(0-9, a-z, A-Z, _)それ以外のハイフンやアスタリスク(-, * )などが含まれる名前の画像データをReNomTAGに読み込むことはできないので注意してください。

ファイルの種類については、拡張子が".jpg"、".jpeg"、".png"、".bmp"であるファイルを読み込むことが可能です。